2016.06.22更新

日本抗加齢医学会総会3日目のお弁当です。

 

「今半」師範の作ったお弁当でした。塩分・糖分の多いすき焼き主体であるにもかかわらず、調理法の工夫により塩分2g、食物繊維5g以上というハードルを越えて見事に美味しく美しく仕上がっていました。

 

このお弁当は今後一般販売されるそうです。

 

ちなみに、残念ながら2日目のお弁当は整理券切れで入手できませんでした。

 

新座市 森山歯科医院 院長 宮崎さゆり

 

アンチエイジング弁当3日目アンチエイジング弁当説明

投稿者: 森山歯科医院

2016.06.21更新

日本抗加齢医学会総会では日替わりでアンチエイジング弁当が先着順で提供されます。

 

カロリーを抑え、でも素材の美味しさを引き出す調理法で見た目も良いという、内科の先生と一流シェフがコラボして作った弁当で人気があります。(整理券は朝のうちにすぐなくなってしまうほどです)

 

総会1日目のアンチエイジング弁当はフレンチシェフ監修のものでした。

 

第一印象は「いろどりがきれい!」。お味も美味しい。でもこれで量は足りるかしら?とも・・・

それがいただいてみると食べ終わるころには満足感があり、夕食まで間食なくてもお腹がもちました(笑)。

 

新座市 森山歯科医院 院長 宮崎さゆり

 

アンチエイジング弁当・包装アンチエイジング弁当1日目

投稿者: 森山歯科医院

2016.06.16更新

6月10-12日にパシフィコ横浜で開催された第16回日本抗加齢医学会総会に参加してきました。

 

予防医学への注目が高まる中、加齢に焦点をあてた抗加齢医学(アンチエイジング)はこれから超高齢社会を迎える日本にとって最も期待される分野です。

 

総会では健康長寿を目指すための最新の研究結果や臨床報告、健康を保つための栄養管理など、興味深い内容の講演・発表が多くありとても勉強になりました。

 

私が学会に入会して今回5回目の総会でしたが、年々参加人数が増えていっており関心が高まっているのを感じました。

 

アンチエイジングで一番重要なキーワードはずばり、「運動」と「カロリー制限」です!

 

新座市 森山歯科医院 院長 宮崎さゆり

学会総会

投稿者: 森山歯科医院

2016.04.29更新

平成28年3月末日をもちまして森山和郎が当院院長を退任し、後任に娘であり副院長の宮崎さゆりが就任いたしました。

 

なお森山医師は今後も今までと変わりなく診療は継続いたしますので、新院長共々よろしくお願い申し上げます。

 

院長交代を受け、医院のスタッフから記念の品として森山、宮崎それぞれに3Dフィギュアをプレゼントしてもらいました。

 

また、医院のメインコーナーのブリザードフラワーもサプライズで新しくリニューアルしてもらい感動しました!

 

これからも、患者さんの気持ちに寄り添う診療で、地域の皆さまに信頼される医院を目指して日々努力してまいります。

 

新座市 森山歯科医院 院長 宮崎さゆり3Dフィギュアブリザードフラワー

 

 

投稿者: 森山歯科医院

2016.01.29更新

昨年9月にアドバイザー養成講座を受講し、10月よりケトジェニックダイエットに挑戦しました。

 

自分の実体験をレポートにまとめたものを提出したところ(認定試験)、めでたく合格しまして、先日アドバイザーの認定証の授与式に行ってきました。

 

たくさん食べて運動もせずに約3カ月間で7キロ減量に成功しました!

 

またダイエットの詳細はご紹介します。とりいそぎ、ご報告まで。

 

新座市 森山歯科医院 副院長 宮崎さゆり

 

 

ケト検・授与式

投稿者: 森山歯科医院

2015.12.07更新

'15.11.29 抗加齢歯科医学研究会

11月29日に東京で開催された抗加齢歯科医学研究会に出席してきました。

研究会は今年で設立10周年記念だそうです。

男性の更年期障害(LOH症候群)や分子生物学、ドライマウスに関する講義のほか、

歌を歌うことによる健康増進効果のセミナーがあり、女優の大場久美子さんを迎え、

カラオケの口腔機能や免疫力などへの効果を実践を交えて体感してきました。

歌唱により口腔機能が向上し、ストレスも改善され免疫力が高まることが確認されました。

 

新座市 森山歯科医院 副院長 宮崎さゆり

投稿者: 森山歯科医院

2015.09.29更新

理事長の白澤先生です

先日、日本ファンクショナルダイエット主催の「ケトジェニックダイエットアドバイザー養成講座」に参加しました。

 

理事長を務める順天堂大学教授の白澤卓二先生の講義を中心に、ケトジェニックダイエットの基礎と理論を学びました。

ケトジェニックダイエットは、食事法で体が本来持っている機能を目覚めさせることを目的としています。

糖質制限によりインスリンをコントロールして代謝を整えることが、より効果的にダイエットできる重要なファクターとなります。

 

まずはこの食事法を自分で実践できるかどうか、これからチャレンジしてみます。

 

新座市 森山歯科医院 副院長 宮崎さゆり

投稿者: 森山歯科医院

2015.07.18更新

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に無呼吸(10秒以上の気流停止)を繰り返し起こす疾患で、その結果十分な睡眠がとれず、日中の強い眠気や集中力の欠如を生じます。

いびきは上気道が狭くなることによりおこる異常音で、その延長上に睡眠時無呼吸症候群が存在することから、睡眠時無呼吸症候群の患者さんのほとんどは大きないびきをかきます。

 

このいびきのコントロールも含め、睡眠時無呼吸症候群の治療には歯科的な装置が有効とされています。

方法はとても単純で、専用のマウスピース(スリープスプリント)を作り、夜寝る時に装着するだけです。

 

スリープスプリントで下の顎を数㎜前方に移動させると、舌もその分、前方へ移動するので、舌が沈下して気道をふさいでしまうのが防止されます。

それにより、気道が広がり呼吸がしやすくなり、無呼吸がなくなっていびきもかかなくなります。

 

治療回数はスリープスプリントのための型どりを含め3回ほどです。

基本的には保険外治療になりますが、医科から依頼があった場合で条件に当てはまる症例では保険で治療することもできます。

 

いびきや睡眠時無呼吸でお悩みの方は、森山歯科医院までご相談ください。

 

 

新座市 森山歯科医院 副院長 宮崎さゆり

 

投稿者: 森山歯科医院

2015.07.10更新

歯並びがきれいだと、笑った時の印象もとても良くなります。

見た目的な意味で、不揃い(ガタガタ)よりきれいな方がやっぱり良いでしょう。

ただ機能的な意味でも歯並びはとても重要です。

しっかりかめること、これが一番大事です。

また、歯並びが不揃いだと歯磨きも難しい場所が多くなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。

長期的に見ると、自分の歯を長く良い状態で保つのが難しくなります。

歯並びの治療は歯科矯正治療です。

治療期間が2~3年以上かかることも多いですし、基本的に保険外治療になるので治療費もかかりますので、

なかなかすぐには決められないことではあると思います。

でも、長い人生を考えると、それだけの時間と費用をかけてもやる価値はあると思います。

 

6,7歳の前歯の交換期の時期のお子さんを持つ親御さんに、

「いつから治療をはじめたらいいですか?」とよく質問を受けます。

早ければ早いほどよい、というわけでもありません。

上も下も前歯が4本ずつはえそろった頃を目安に、矯正歯科の専門医に相談すると良いと思います。

 

残念ながら森山歯科医院では全体的な歯科矯正は行っておりませんが、

矯正専門の先生をご紹介することはできますので、まずはご相談ください。

 

新座市 森山歯科医院 副院長 宮崎さゆり

 

投稿者: 森山歯科医院

2015.06.19更新

口を開けるときにあごがガクガク鳴ることはありませんか?

あごの関節は上あごと下あごの骨をジョイントする部分です。

関節が動く時(口を開ける時)、骨が直接接触するのではなく、「関節円板」という繊維の束が介在してクッションの役割をしています。

その「関節円板」は前方にずれやすく、口を開ける時に下あごの骨がずれた関節円板に一度ひっかかり、それを乗り越えた時に「カクン!」と鳴るのです。

顎関節は耳に近い部位なので、ガクガクという音は本人にはとても大きな音に聞こえますが、他人にはほとんど聞こえていません。

音が鳴るこの症状は顎関節症の症状の一つです。

でも、音が鳴る症状だけであれば経過観察で良いかと思います。

顎関節症では「口を開けると痛い」、「口が開かない」症状も代表的な症状ですが、これらの症状が出てくるようだと治療の領域になります。

このようなお悩みが出てくるようでしたら、森山歯科医院へご相談ください。

 

新座市 森山歯科医院 副院長 宮崎さゆり

投稿者: 森山歯科医院

前へ
森山歯科医院まずはご気軽にご相談ください048-478-1818