歯周病治療

歯周病治療

~歯周病の症状、放っておくリスクについて~

歯周病は、歯の周辺を支える細胞が、細菌に感染することで引き起こされる病気です。
虫歯もきわめて一般的な歯の病気ですが、歯周病に関しても、成人の70%以上がかかっているのが現状です。虫歯と同時に歯周病も発見して治療を行っていくことが、快適なデンタルライフの要なのです。

歯周病の自覚症状には、口臭や出血、歯ぐきの腫れ、進行している場合には、痛みがないまま歯が抜け落ちる……といったものがあげられます。
ですが、歯周病の恐ろしさは、「静かな病気」であることにもあります。
初期の段階では自覚症状がほとんどなく、不調を感じた時には、すでにかなりの段階まで歯周病が進行してしまっているケースがほとんど。
さらには、糖尿病などの成人病が隠れた原因となっている場合もあり、早めの発見・治療が、生涯の健康に大きく貢献します。

進行状態

初期

プラーク(歯垢)が硬くなり歯石に変化し、歯肉に炎症が起こっている状態です。

歯ブラシすると血が出たり、歯肉が腫れぼったく感じたりします。
この段階の治療としては、歯石を除去する処置を行い、ブラッシングのケアをしっかり行うことで症状を改善していきます。

中期

歯と歯肉の境目が深くなってできる歯周ポケットの奥に歯石が付着し、歯を支える骨やその周囲の組織が破壊されている状態です。
歯ブラシすると血が出るほか、水がしみるなどの症状が見られ、体調によって歯肉が腫れたり治ったり変化があり、膿が出る場合もあります。
また、口の中がネバつく、口臭がきつくなる等の症状もあらわれます。
この段階の治療としては、歯根に付着した歯石を除去し、さらに歯根の表面をきれいにする治療を行います。
状態によっては歯肉を切開し、深い部分に付着した歯石を確実に取り除き、再度縫合するという外科的処置を行う場合もあります。

末期

歯石が歯根の先端まで付着し、歯を支えている骨が2/3以上溶けてしまった状態です。
歯がグラつくため、食べ物を噛むことが困難になります。
また、歯周ポケットから膿が出てしまい、ほとんどの場合は抜歯になります。

森山歯科医院まずはご気軽にご相談ください048-478-1818